前へ
次へ

パワハラは労働相談が解決への近道です

会社員等の労働者は日々労働をして、会社の為に頑張っていますが、労働者の中でパワハラが発生する事があります。経営者からのパワハラ等もありますが、会社の規模が大きくなれば、上司から部下へのパワハラも発生するリスクが高いです。人間同士が協力して働いているので、その中で性格の不一致等が発生する事は多少は仕方のない話ですが、性格が合わない等を理由にして他者を傷つける事は許される事ではありません。職場の中のパワーバランスを利用して相手を威圧したり、傷つけたりする事は場合によっては犯罪行為にも該当してくるので、被害届等を出した方が良いケースもあります。身の危険を感じるような発言をされたりした場合も、労働相談でその内容を伝える事で、スピーディーに対応して貰える可能性があるので、諦める必要は無いです。悪い事をしてきた相手に屈してしまえば、更に労働環境が悪くなってしまう事が考えられますから、戦う意思を持つ為にも労働相談でサポートを受けた方がいいです。

Page Top