前へ
次へ

労働相談をする前に知っておきたい事

労働相談を公的な施設へ相談したいと検討している方へ、知っておいてもらいたい点があります。それは、相談内容が労働基準法に則して判断する事が出来るかどうかです。公的機関の場合には、労働基準法が著しく守られていない場合に企業を監視したり、指導をすることが出来るので、その基準が守られていないかどうかわからない場合には相談しても、まず会社に相談してみてくださいと言われる可能性があります。それから次は、労働基準法に反しているのかどうかを確認してからにすることです。それには、明確な証拠が必要になります。また、時間外などで相談に行く際でもメールや音声、書面などで証拠になるものを持参する事が必要になります。これらの注意点を事前に知っておくことで労働相談をする際に役立ちます。また、弁護士の方など、専門知識のある方に相談をする場合でもこれらの証拠があることで、有利になるので、出来れば持参をすることを知っておくと役立ちます。

それから労働相談を検討しているのであれば、相談をするのであれば、隠し事をせずに、全てをおはなしすることです。これによって事実を知る事が出来ます。ただ、それによって、プライベイトを全て話すことにもなるので、必ず、秘密厳守をしてくれる業者さんを選ぶこと、それから簡単に回りの方に話をしない事などがあります。他にも、弁護士さんを途中で変更しない事があります。労働トラブルの場合には、把握をするまでに時間がかかる事があるだけでなく、弁護士さんを変更する事で、内容を把握するまでに時間がかかります。また、労働問題の場合、時効があるものがあるので、それまでに処理をすることが出来なくなる可能性があるからです。これらの事を注意点として知っておくと役立ちます。また、弁護士さんに依頼をする費用が出せない方の場合には、分割でも支払いをしてもらう事もできる方法があるので知っておく事です。また、その際には、一定の条件があることも知っておきましょう。

Page Top